腸内環境を良くするには

腸内環境を良くするには善玉菌を増やす

腸内環境って最近何かと話題になりますよね。 しかし、腸の環境という物は文字からわかるけど詳しくは知らない、 もしくは善玉菌とか悪玉菌とかしか知らないという方も結構いると思われます。 まず、腸内環境とは文字通り腸内の環境という意味で、 腸内に住んでいる菌の比率で良し悪しが決まってきます。

腸内には細菌がたくさん住んでいて、 細菌だけでなんと重さにして2キロもの数が腸内に生息しているんです。 その2キロの中でほとんどが善玉菌なのか、それとも悪玉菌なのかで体調にも影響が出てきます。

しかし、腸内に住んでいる菌は悪玉菌と善玉菌の二種類だけでなく、 実はもう一種類、日和見菌と呼ばれる菌も腸内で悪玉菌と善玉菌と一緒に団体生活を送っています。 この日和見菌は悪玉菌と善玉菌、どちらかの味方というわけではなく中立を保っていて、 悪玉菌が優勢なら悪玉菌に、善玉菌が優勢なら善玉菌につきます。卑怯ですね。 それはともかく、悪玉菌が増えてしまうと腸内環境が猛烈に悪くなってしまいます。

悪玉菌が身体に影響を及ぼすことがとても多く、 悪玉菌が増えてしまうと悪玉菌が生成する有害物質が血液に乗って全身に回ってしまうので 肌が荒れたり体臭や口臭がきつくなったり、 さらには免疫力が低下したり発がん性物質を生成するので大腸がんになったり。 さらには便秘になったりと良い事なんて一つもないんですね。 これらを改善するには悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことが大切なのです。

まず、悪玉菌を減らす方法ですが、規則正しい生活を送り ストレスを貯めないようにすることが大切なのですが、 ストレスを貯めないようにするなんて雨の日に外に出たら濡れるのと同じように不可能なので、 自分の中でストレス解消法を見つけることが大切なのです。

また、最近は食文化の欧米化に伴い、食生活が肉中心になりつつあります。 このような状態は悪玉菌にとってはものすごくフィーバーな状態なのです。 お肉を食べると、腸内で腐敗便となる確率がものすごく高いのです。 この腐敗便は悪玉菌の大好物で、腐敗便を食べて悪玉菌は数を増やします。 しかし、お肉は美味しいですよね。そこで、お肉を食べても、ある食べ物を食べれば良いのです。

それは、納豆です。 納豆には納豆菌と呼ばれる悪玉菌をぶっ飛ばして数を減らしてくれる上に、 善玉菌となり腸内を整えてくれる万能な善玉菌なのです。 そう、悪玉菌は食べて摂取できませんが、善玉菌は違います。 乳酸菌や納豆菌、麹菌といった菌は全部善玉菌なのです。 生きて腸に届くというのは生きたまま菌を腸内に届けて働かせようという事なのです。

また、善玉菌にも大好物があり、オリゴ糖や食物繊維が大好きなのです。甘党ですね。 オリゴ糖は普通のお菓子に使われる砂糖よりも分子の量が多いので、 消化されにくく腸に届くので普通の砂糖を食べても意味がないので注意しましょう。 食物繊維も善玉菌の餌になるので、積極的に摂取したいものです。 しかも、食物繊維は腸を刺激するので便通が良くなると一石二鳥。

どうでしたか。腸内環境について理解できましたか?とりあえず、 悪玉菌を増やしたくないなら納豆食べて、オリゴ糖と食物繊維を摂って、良く寝れば良いんですね。 あと、腸内環境が悪いと口の周りにニキビができるので、目安にしてくださいね。

オリゴ糖が腸内環境を良くする理由とは

腸内環境を整えるのにぴったりな食品と言えばヨーグルトですが、 ヨーグルトには良くオリゴ糖が一緒についてくることがありますよね。 なぜ、オリゴ糖を付けるのか、と言えばオリゴ糖もヨーグルトと同じく、 お腹に腸内環境を整えるのに一役買ってくれる食品だからです。 オリゴ糖の役割は、善玉菌のエサとなることです。 オリゴ糖が腸内まで届くと、それをエサとして善玉菌が増え、善玉菌の活動が活発化することによって、 腸内環境が整えられるというメカニズムになっているのです。

ですので、オリゴ糖は直接的に腸内に働きかける、というよりは腸内にある善玉菌に働きかける物で、 ヨーグルトはその善玉菌にぴったりな作用を持っているために、二つを一緒に食べるようにすると、 かなり腸には嬉しい効果が得られるという訳です。

それに、オリゴ糖にはさらに嬉しいことに、他の砂糖と比べると甘さが控えめで、 カロリーも少な目となっているので、体重を気にしていいてダイエットをしたいと思っている方にも、 オリゴ糖を食べて腸内環境を改善するのはぴったりなのです。 太り辛く、それでいて、痩せやすくなるように腸内環境が綺麗になる、 実にダイエット向きの食品としてオリゴ糖が挙げられますね。

ですが、オリゴ糖にはいくつかの種類があり、腸内に届いてオリゴ糖のエサになるのは、 ミルクオリゴ糖やガラクトオリゴ糖などの、難消化性のオリゴ糖だけです。 大豆オリゴ糖は消化し易く、腸に届く前に消化されてしまって、 効果が十分に発揮できないことがありますので、もしもオリゴ糖そのものを購入するような場合には、 そのオリゴ糖が難消化性かどうかを調べておきましょう。

以上のことから、オリゴ糖はダイエットにもぴったりのカロリーが少な目で、 しかも腸内の善玉菌のエサとなって、善玉菌の活動の活発化や、 善玉菌そのものの数を増やすと言った効能があるために、 腸内環境の改善には実にぴったりなものであると言えるでしょう。

食べ物で腸内環境は変わります!

便秘の改善、ダイエット、美容にいいということで巷で話題の腸内洗浄。 肛門から大腸内に温水を注入して、宿便などの老廃物を体外に排出するという医療行為です。 最近では自宅でできるというキットも売られていますが、自分でするのはかなりの勇気が要ります。 病院に行ってお願いするのが確実ではありますが、保険がきかないのでかなりの費用がかかります。

そもそも短期間で一気に老廃物を出してしまうのは、体にとってもかなりの負担。 日ごろの食生活を変えていくことで、ゆっくりと腸内をデトックスすることもできるのです。 まず摂るべき食品はヨーグルト、チーズ、味噌、キムチなどの発酵食品です。 発酵食品はその名のとおり発酵しているので、体内に入る前から消化の準備ができているのです。 消化、吸収が良いだけでなく、胃や腸の働きを助ける効果もあり、 また発酵食品が含む乳酸菌などの善玉菌は、腸内環境を整えてくれます。

食物繊維をしっかり摂ることも大切です。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類あります。 水溶性食物繊維は水に溶ける食物繊維。水に溶けてゲル状になって 腸内での食べ物の消化・吸収を緩やかにして腸を守ってくれます。

また善玉菌を増やす効果もあるので整腸作用があります。 海藻、ゴボウ、果物の他、納豆、山芋、オクラなどネバネバ系の食べ物に多く含まれます。 不溶性食物繊維は水に溶けにくく、腸内で水分を吸収して腸を刺激し、便通を促します。 いわゆる繊維質で、野菜の他、豆類、きのこ類に多く含まれています。 よく噛まないと消化されないこともあり、満腹感を得やすくダイエットにも向いている食べ物です。

不溶性食物繊維を摂りすぎると、腸内の水分が不足し、逆に便秘につながる場合もあるので、 積極的に水分を摂ること必要があります。 お茶やコーヒーには利尿作用があるので、 ミネラルウォーターかカフェインレスの麦茶やハーブティーなどを摂るとよいでしょう。 時間はかかりますが、食べ物を変えることで体への負担を抑え、少しずつデトックス。 ダイエットと美容双方の効果が期待できます。 ストレッチ等軽い運動を心がけることも大切です。

腸内環境を改善してくれるヨーグルトと選別の大切さ

腸内環境を改善させたいと望むなら、ヨーグルトなどは悪くない選択肢の1つです。 その食材の中には、改善効果が期待できる成分は入っているからです。 例えばバリア効果です。そもそも腸の壁などは、たまに傷付いてしまう事があります。 腸の中に何か有害な物が侵入してきた時には、それが壁を傷付けてしまう事はあるのです。

腸の細胞は、それを保護する為のバリアなどを常に作り続けています。 ただそのためにも栄養分などは必要なのですね。 一部のヨーグルトの中には、その材料が含まれています。 それが腸の壁を保護してくれますので、腸内環境が良くなりやすい訳です。 また善玉に関連するヨーグルトもあります。 腸には悪玉と善玉という2種類生息していますが、環境があまり良くないと、 悪玉が増加するケースも多々あります。

それで一部のヨーグルトは、後者の善玉に対するサポート効果があります。 ヨーグルトを摂取すると、腸の中で善玉が増加しやすくなるのです。 それで環境が改善されるケースも、しばしばあります。 このため環境改善を望むならば、やはりヨーグルトなどは悪くない選択肢の1つですね。 ただヨーグルトは、よく選んだ方が良いでしょう。

まずヨーグルトと胃酸に対する強さです。 胃袋の中には酸が入っていて、それがヨーグルトの成分を溶かしてしまう事もあります。 それで肝心の小腸や大腸に届きづらくなり、効果が限定される事もあるのです。 ですが中には、胃酸に強いヨーグルトもあります。 腸に対する届き安さを基準に、ヨーグルトを比較する事は大切でしょう。

それと「全て」のヨーグルトが、腸内に力を発揮する訳でもありません。 中には腸というより、むしろ胃に対する力を発揮する商品もあります。 胃の内部で生息する悪い菌類を減少させる効果があるヨーグルトも、最近は販売されています。 ヨーグルトと言っても、色々ある訳ですね。 それぞれの特徴などをよく把握した上で、腸内環境の改善効果が高めな商品を選ぶと良いでしょう。

なぜ腸内環境の改善の為にデトックスが大切か

ここ最近になって、デトックスという表現が多く使われるようになってきました。 いわゆる排出の事です。 そもそも腹内には、色々と悪い物は蓄積される傾向があります。 いわゆる老廃物などは、だんだんと蓄積される訳です。 それで老廃物などは、やはり体に対して良い影響はありません。

まず腸の中に対する悪影響が、大いに懸念されます。 それが原因で悪玉の割合が増加してしまい、様々な病気になってしまうケースも目立つのです。 それと悪玉などは、肌に対する問題を引き起こしてしまう傾向があります。 悪玉から放出される物が肌まで伝わってしまい、肌荒れが生じるケースも珍しくありません。 また便秘に関する問題もあるでしょう。 便秘などは、もちろん良い症状ではありません。 腸内に対する腫れ物の原因にもなりかねません。

どうすれば老廃物を何とかできるかと言うと、それが冒頭で述べたデトックスです。 腸内環境を良くしたいと望むなら、排出を促進させてあげると良いでしょう。 デトックスを促進する効果がある物としては、例えば蒟蒻などです。 その中には食物繊維などが豊富に含まれていて、お腹を掃除してくれるからです。 こんにゃくを食べ過ぎるのも良くありませんが、少なくとも適切な量で食べてあげれば、 だいぶ老廃物も外に出やすくなるでしょう。

それと乳酸菌を多く含むサプリなどは、やはりおすすめです。 サプリなどは体外排出を促す成分が多く入っていますので、 腸内環境が改善される度合いもかなり高めです。 ただサプリによっても効果の大きさは異なりますので、口コミなどを参考に比較するのが良いでしょう。

また最近では、酵素飲料などにも注目が集まっています。 主にダイエットに対してよく用いられる飲料ですが、実はそれはデトックスの力も高めなのです。 酵素飲料を飲んだ結果、便秘が改善されたとの話も多いです。 もちろん飲料によって効果の大きさは異なりますので、やはり口コミなどで選ぶと良いでしょう。

なぜ腸内環境の為に病院に行くと良いか

腸内環境が気になる時には、病院に行く事は悪くない選択肢の1つです。 病院が検査と治療に大きく関わっている事だけは、間違いありません。 そもそも人々は、その環境が気になるケースは多々あります。 どうも最近お腹の具合が芳しくない事も、たまにあるでしょう。 お通じが少々気になる方々などは、とても多いですね。

ただ自分ではお腹が気になっていても、特に問題無い可能性もあります。 ですので詳しい方々に、状況を確認してもらいたいと思う事もあるのです。 それで病院ならば、それは可能です。 現にいくつかの病院では、環境をチェックする為の検査なども行ってくれます。 具体的な検査の方法は、それこそ色々です。

例えば便を元に、判断する方法があります。 便を郵送する方法があるのですが、それを病院の方々に確認してもらう訳です。 それで何かの問題が生じた時には、医療機関からそれなりの結果が通知される事になります。

また、カメラを挿入する方法もあるのです。いわゆる大腸検査です。 大抵はお尻からカメラ付きのチューブを挿入する事になり、大腸内に何か問題が潜んでいるかどうかを、 確認する事になります。 なお上記の検査を行う時には、料金などは発生するケースが殆どです。 無料ではありません。

しかし自分の環境を確認できる訳ですから、気になる時には検査を受けると良いでしょう。 それと病院では、もちろん治療行為なども行ってくれます。 現に上記の大腸検査などでは、同時に治療を行うケースも珍しくありません。 大腸内に腫れ物が発見された時には、直ちに切除を行ってくれる事もあります。 それで環境が著しく改善されるケースも、全く珍しくありません。 もちろん薬剤なども同様です。

病院に行けば、環境を改善してくれる為の薬剤の処方してくれるでしょう。 便秘を改善する為の薬剤が処方されるケースも、全く珍しくありません。 つまり病院に行けば、やはり腸内環境の改善は見込める訳です。 少しでも気になるときには、ちょっと病院で検査を受ける方が良いでしょう。

Copyright (C) 腸内環境を良くするには. All Rights Reserved.